浦安聖約キリスト教会

的外れ

それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。彼らは、自分では知者であると言いながら、愚かな者となり、不滅の神の御栄えを、滅ぶべき人間や、鳥、獣、はうもののかたちに似た物と代えてしまいました。

新約聖書 ローマ人への手紙 1章21~23節

聖書には「罪」ということばが多く出てきます。聖書で「罪」と訳されている語の中で最もよく使われている語のもともとの意味は「的外れ」だと言われます。本来あるべき姿や向かうべき方向からずれてしまっているということです。


天地の造り主なる神は私たち人間を特別に「神のかたちとして」お造りになり、すばらしく整えられたこの世界に置き、この世界を管理する務めをお与えくださいましたが、私たち人間は造り主なる神を認めず、あがめず、感謝もしないばかりか、神ならぬ神々を神として祭り、それを拝み、それに仕えることによって、「神のかたち」である自分を卑しめ、「不滅の神の御栄えを滅ぶべき・・・物と代えてしまった」のです。このようにして神のかたちとして造られた人間にだけ許された神への礼拝行為は中身のない虚しいものとなってしまったのです。


現代人の多くは、目に見えない神を認め、あがめることは、無知で愚かな人たちのすることだと考えます。けれども実際は逆で、造り主の神を認めず、神を礼拝することを拒む人たちこそ錯誤と虚無に陥っていると聖書は指摘しています。このように神に背を向け、神を無視して生きることこそ聖書が「罪」と呼ぶものです。私たち人間の不幸の始まりが実はここにあるのだと聖書は告げています。だからこそ「神に帰れ」と招き続けてもいるのです。


知恵の泉

よい分別と知識を私に教えてください。私はあなたの仰せを信じていますから。 旧約聖書 詩篇 119篇66節
日本聖約キリスト教団 浦安聖約キリスト教会 牧師 羅 宇植 〒279-0022 千葉県浦安市今川2-10-5 Tel&FAX 047-353-2771
Copyright (C) Urayasu Covenant Christ Church. All rights reserved.
webmaster サイト規約 ○リンク